目標は、現在よりも少し高めくらいがいい

あなたの夢は何ですか?と聞かれて、年収1億円稼ぐことですとか、フェラーリ乗り回すことですとか、世界平和です、とかいろいろと答えが返ってくる。夢なんだから、それぞれの求めるものがあってよいので、それでよいと思う。(本当は、お金のことでなくて、どんな人生を歩むかという点にフォーカスするともっとよいけれど、、、いずれにせよ、今探していますという人よりはずっとよいと思う。)

そんな折りにこんな記事を見つけた。

34歳「子なしセレブ専業主婦」、ホンネ炸裂!

俺は、これはこれで、おっしゃるとおり、人生は選択であって、自分の求める人生を歩むのがよくて、人の人生を観てどうのこうのいう権利もなければ、どうのこうの言われる筋合いもない。そして、その選択は長期的であっても、責任がつきまとうので、どんな状況が起こったとしても自分でケツをぬぐわないといけない。例えば、夫の経営している企業が倒産してしまい今のような生活ができなくなって、さらに追い打ちをかけるようになくなり、保険金さえも入ってこなくなり、いざ仕事しようと思っても、働き口はないし労働能力も極めて低い、こんなリスクも考えられなくない。

ただ、そんなことは将来になってみないとわからないし、最終的に自己責任で結果論でしかないので、俺はこの人はとても素直で素晴らしいと思った。

少し話しが飛んでしまったが、夢は大きく持てばよい。夢がないのは、寂しいけれど、夢がなければ、夢ができるくらいにがむしゃらに頑張ってみて欲しい。夢がない奴は、がんばりようが足らないから、夢がないんだ。ただそれだけのこと。

で、今日言いたいのは夢についてでない、目標についてだ。

来年は1億円稼げるようになることが目標ですという、年収300万円のサラリーマンがよくいる。あるいは、再来年にはセミリタイアしたいと思っているんですという。

彼らは、特段自分のビジネスを持っているわけでも、資産を持っているわけでもなく、ただ「セールスレターの売り文句」に躍らされて夢を見せられているに過ぎない。ここでいう夢とは、寝ている時に見る意味での、夢だ。

そう、確かに何のスキルもない資産もない年収300万円の人が来年1億円絶対に稼げないとはいわない。でも、これまで観てきたすべての人が、年収1億円はおろか、10万円すら稼げずに挫折して脱落していった。そう、高すぎる目標は、人を挫折においやるのだ。

年収は自分のスキルや能力を高めることで、上げることができる。年収300万円のサラリーマンは、自営業として副業に取り組んでも、ほぼ間違いなく一銭も稼ぐことができない。サラリーマンは会社に守られて、会社が培ってきた歴史や仕組みの中で成績を残せるが、いざ自分1人で仕事するとなると無力なのだ。だから、自分ひとりの力で稼げるように能力を高めていかないといけない。

誰でも最初からうまくいくわけがない。だから、自分の現在のレベルを知って、実現可能な目標を設定し、そこに集中して取り組むことで、目標達成して、将来の夢を実現してほしいと思う。

これが今日言いたかったこと。

全部自分に言っております。一歩一歩歩んでいこう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です