成功したけりゃこれ読んでろ

モンキーマペットのお金と人生の物語

未分類

メリトクラシー(実力主義)は何故大切なのか?

投稿日:

geralt / Pixabay

 

 

日本企業の特徴としてあげられることのひとつに「年功序列」というものがある。

下は黙って目上に従い、歯向かうやつは〇ねと言わんばかりの圧力をかけます。

多くの日本人の言葉は、権力によって押しつぶされ、自分の声が会社に影響を与えることができないと分かれば、仕事は完璧なルーチンと化し、思考停止状態で毎日の仕事をこなすことになると思います。日本では体育会系はマナーができており、素晴らしいとされることもありますが、それはある意味「自分の言うことを聞け、意見するな」という日本の悪しき風潮を如実に表しているともいえるのです。

 

日本に住んでいるのだから日本人の感性を大切にしろとかぬかすおじいちゃんは無視して、この広い世界に目を向けてみましょう。

 

ある外資系企業A社の話しをしましょう。

 

A社では、年功序列ではなく、完全実力主義(メリトクラシー)を採用しています。

新しいプロジェクトや、制度を決める際、全従業員に意見を求めるアンケートを実施し、そのアンケートから明確な意見を持つ意識のある社員を集め、議論をし、その中で生まれた意見を採用し、方向性を決めていくことを実施しています。

 

物事を決める際、最も良くないことは、「多数決の投票」です。

は?意見がまとまらない時に多数派を支持するのがあたりまえだろばかあほかすと思う方もいらっしゃると存じます。

しかし考えてみてください。

「多数決の1票は全てが同じ1票とは限らない」と思いませんか。

 

確固たる意志で真剣に物事を考えている人の意見と、全く真剣に考えず、「本来意見を持たないが、周りにあわせればいいや」の人の意見は全く異なるわけです。

そもそも意見が無い人は議論に参加する権利は無いのです。

その様な人は、議論を聞き学び、「自分ならこうする、自分はそうは思わない」などしっかりと自分の意見を持てるようになってから初めて議論に参加できる権利が与えられるべきだという考え方です。

 

日本の年功序列制度。

俺の話を聞け、俺が全て決める、お前のものは俺のもの、俺のものはおれのもの。俺はジャイアン。

といった具合に、議論をせず俺が全て決める精神はある意味、組織運営をするうえでひとつの正解であり、リーダーシップを尊重する人の一定の評価を得ることも可能です。ヒトラーなどはその最もたる例でしょう。

それでうまくいっている組織、実績をだしている組織も中にはあるかもしれません。しかしそれは一過性のものにすぎず、組織を長続きさせるのは難しいものです。

 

もし、現在あなたが働く、または所属する組織がうまくいっていない、停滞しているという現状であれば、一度メリトクラシー(実力主義)を取り入れ、試験的に皆の意見を集めて尊重してみる・・・・のはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

-未分類

Copyright© モンキーマペットのお金と人生の物語 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.