何がなくても成功する方法

お金がない、時間がない、能力がない

これは、多くの人が起業しない理由に使うもっともポピュラーな言い訳だ。俺はこれを3大言い訳と呼んでいる。いいかい、このいずれかを理由に、起業したいのにしない人がいるとしたら、よ〜く聞いて欲しい。

お前が起業で成功することはない

というより、永遠に起業することはできない。なぜなら、お前が起業するのに、十分なだけのお金も時間も能力も、永遠に手に入れることができないからだ。

では聞くぜ。

お前にとって、十分なお金っていくらだい?一体いくらあったら、起業するというんだい?お前にとって、十分な時間ってどれくらいだい?いったいどれくらいの時間があったら起業するんだい?お前にとって十分な能力ってどれだけだい?マーケティングもコピーライティングも簿記もマネジメントも全部覚えてから起業するのか?

無理、無理、無理!!

全部揃えるなんて、無理!永遠に叶わない。

もしお前の貯金が1,000円だとして、お金がないことを理由に起業しないのなら、おそらく貯金が100万円あっても、1,000万円あってもしないし、そもそもそんなに貯まることはないよ、老後まで。笑

もしお前の仕事が、完全に定時に上がれる仕事だとして、通勤時間が5分だとして、プライベートな時間が24時間−8時間(就業時間)−1時間(休憩時間)−10分(通勤時間)=14時間50分あったとしても、就業時間が6時間切らないと無理とか言い出すに違いない。

もしお前が完璧にコピーライティングをマスターしていたとしても、おそらくマスマーケティングに弱いことを理由に起業しないだろう。

そう、ぜ〜んぶないものねだり。

起業するやつは、借金しかなくて、毎日12時間サラリーマンしながら、何の能力もない状態でもなんとか起業しようとして、失敗しながら成功を掴む。そして、その都度都度、必要な能力を磨き、お金を調達して、時間を作り出して、ビジネスに邁進するだろう。

そういう気概がないと起業なんて無理。

絶対にすべての条件が整うことはないし、どんなに好条件になっても満足して不安を払拭できないのが人間なんだ。結局は、自分の弱い心が起業を妨げているだけなんだ。

だからといって、無謀になれと言っているんではない。本気で起業したかったら、どんな苦労しても構わない気概を持ってがんばればいい。そうでなければ、起業しなくてよい。

しっかりと強い心を持って計画的に起業するように。全部自分に言っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です