お金がない?借金がある?だからどうした?

よく言われるんだよね。起業したけれど、お金がない。将来の夢があるけど、借金があって身動き取れないから、現状維持しかない。その他にも、時間がない、人脈がない、スキルがない

「ない」ものいっぱい並べ立てて、あれがないから、これがないから、だから夢に向かえない、起業できない、副業できない。

そんなあなたに、厳しい現実を教えてあげよう。

金持ち

もし、あなたにお金がたくさんあっても、借金が完全に0になったとしても、時間があっても、人脈があっても、スキルがあっても、他に「ない」ことにフォーカスして、それを理由に、夢に向かわないよ。

例えば、こういうこと。

あなたが、お金がないことを理由に起業していないと言っているとしよう。で、もし、あなたに十分なお金が入ってきたとしよう。そうすると、あなたはきっと、「だったら起業します」というだろうけれど、現実にお金が手には入ったら起業せずに、こういうだろう。「起業に失敗して、またお金がない状況を作りたくないので、スキルがついたら起業します。」で、マーケティングのスキルか何かを学ぶとしよう。それに1年間費やして、十分なマーケティング知識を手に入れたとしよう。そうしたら、さすがに起業するだろうか?いいえ、しないだろう。きっとこういうはずだ。「マーケティングの知識は十分得ました。その結果、私のリソースには、人脈が足らないことがわかったので、人脈を作ってから起業します。」

つまり、何かを理由に起業しない人、何かを理由に夢に向かって何かしらの行動変容をしない人は、その理由がなくなっても、別の理由を探して、決して夢に向かって行動を開始しないということだ。

じゃあ、どうして、自分の夢のはずなのに、夢に向かって行動を変えようとしないんだろうか?

正直、俺もかなり不思議に思って、いろいろ調べたんだ。そうしたら、面白いことがわかった。何かを理由に夢に向かって行動を変えようとしない人は、その何かがないことが「夢に向かわない本当の理由ではない」ってこと。行動を変えない本当の理由は、

自信がないっていうこと

だって。

じゃあ、自信て何よ?

自信っていうのは、自分を信じる心を指す。自信っていうのは、実績があるから持てるものではない。いくら能力が高くて、よい成果を出している人でも自信がない人は自信がない。(いや、逆にいうと、自信がない人はよい成果を出すことができないから、ほぼそういったことはないけれど、)そもそも自信っていうのは、何の裏付けもないものなんだ。

実は、自信というのは、勝手に自分で思い込むもので、根拠なく自分で自分を信じること。俺はできる、私はできる、きっと大丈夫。こう思える心が、自信の第一歩。ダメな自分だっていい。失敗したっていい、恥かいてもいい。ただ、絶対に自分は夢を叶えるんだ。完璧な人なんていないんだから、完璧な準備なんてできない。だからいま、夢に向かって、行動を変えるんだ。

こういう人が成功者になっていくはずなんだ。

リスクを取れと言ってんじゃねえよ。言い訳やめて、一度きりの人生自分の好きなように生きろよってことが言いたいだけだよ。

・・・・・

と、すべて自分に言っておりまする。汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です